印刷物の長時間の発光を可能にしたトキワの蓄光印刷:常磐スクリーンプロセス

〒331-0035 埼玉県さいたま市西区島根634番
048-623-4065
各種印刷常磐スクリーンプロセス

会社案内お問合せQ&A

特殊印刷Q&A
お問合せ
蓄光・夜光印刷

当社の蓄光印刷は、独自の印刷技術により印刷物を高輝度に10時間以上発光させることが可能です。

常磐の新技術、蓄光・夜光印刷は高輝度に10時間以上の発光を実現

独自のバインダー開発と印刷技術により、高輝度で10時間以上の発光を実現し、市場より高い評価を得ている。それは、蓄光材の特徴を最大限に生かし、ニーズに答えられる由である。

世界で最大の自然災害大国である日本では、日頃から災害への備えが必要であり、2011年3月の東日本震災の際、被災地では1週間以上の停電が続き、首都圏でも計画停電が行われた。

事故防止や命を守る上で、電源なし、設備費なし、メンテナンス不要でエコである蓄光製品の利用をお奨めしています。又、柔らかな光を放すので、飾りなどに使用すれば暗闇で心のいやしになります。

「蓄光」の肩のこらない話

蓄光材

蓄光材

光エネルギーを吸収し、自発光する金属でセラミックや陶器と同類である。
原産地は、中国。
過去に放射線漏洩の事故があったが、現在は法律で使用は禁止。

【 組成 】
黄緑→SrAl204:Eu,Dy
青緑→Sr4Al14025:eU,Dy

(組成の解説)
組成の解説

自発光の特徴

輝度データ

受光している間、自発光しているが、受光を止めた後の輝度と発光時間のグラフです。

初期輝度は、そばにある文字を読める輝度であるが、輝度は減衰するが、以降長時間発光。再度の受光で、これを繰り返し長時間使用可能。

その特徴由に、電源なし、ローコスト、メンテナンス不用、設備費用が安く、エコにつながる。

発光色の種類

発光色の種類

日本で入手可能な蓄光材の発光色は3種類。
ほかに赤系があるが輝度不足で使用不可。

[ 発光色特徴 ]
黄緑・・・初期輝度が高い
青緑・・・発光時間が長い
青・・・発光色は一番好まれるが、発光輝度が低いため、補色としての活用

輝度と視認感覚の目安

(単位:mcd/m2)
輝度 暗闇での明るさの感覚 認識可 認識不可
200以上 文字が読める程度 - -
5以上 非常に明るく、はっきり確認できる 10人 0人
3以下 物の輪郭まで確認できる 10人 0人
2以下 薄くぼやけるが、なんと確認できる 10人 0人
1以下 ほとんど確認できない 3人 7人
0.3 人間の目が視認できる限界(※) - -

目の瞳孔は明るい所では閉じ、暗い所では開く動きをする。そのため、人間が現場で受ける明るさは、その時の雰囲気で左右される。

※DIN67510:ドイツ工業規格

印刷での塗膜厚みの差による輝度の違い(単位μm)

塗膜厚みの差による輝度の違い

発光色及び輝度・発光時間はニーズに合わせ対応可能。
その方法は、

・蓄光材の品質
・印刷面積
・インキ塗布量

を検討する事である。

JIS規制(避難誘導標識においての輝度)

ここに何か画像が入るような

当社はJISをクリア。
4段階に区切られているが、JA以上であればよく、利用面での規制はない。

ここに何か画像が入るような

当社はⅠ類をクリア。
印刷では、Ⅱ類はクリア不可。
クリア出来るのは、練り込み/コーティング/ソーラー・バッテリー・LEDの組み合わせになるであろう。

蓄光印刷の特徴

高輝度を実現 厚盛印刷だから。その光で字が読める
励起が簡単 太陽光または1m離れた蛍光灯に20分当てるだけで十分な発光
自発光時間 10時間と長く、夜通し活用可能
長期間の使用可能 発光時間の経過と共に減衰するが、再度光エネルギーを与えれば繰り返して使用できる
無害な蓄光材を使用 放射線を発生しないアルミナストロンチュウムです
安全性を確認したインキを使用 「製品安全データーシート(MSDS)」をお届け可能
蓄光材の発光色 黄緑・青緑・青、3種類を用意
蓄光材の耐光性 サンシャインウェザオメーター1200時間クリア(屋外設置品)
カラー蓄光 耐光性蛍光色料のインキ化に成功。
黄・オレンジ・赤・グリーン・紅の5色を用意。
昼間視認でき、夜間はその色で発光。
デザインの自由度が高い 印刷なのでさまざまなデザインに対応
低価格である 印刷なので低価格で蓄光・夜光製品が作れます
多くの素材に印刷可能 ・各種プラスチック(PP・PEは除く)
・紙
・合成紙
・布・不織布
・合成皮革・本革
・合成ゴム
・金属
・ガラス

常磐のOnly One 技術

世界初カラー蓄光印刷

長年培った蓄光印刷技術により、世界初となるカラー蓄光印刷が可能になりました。
明所で見た色が、暗所で同じ色で光ります。
埼玉県小川和紙にカラー蓄光インキでベタ印刷を施し、折り紙として利用した製品を紹介します。

蓄光折り紙:1蓄光折り紙:2
蓄光折り紙:3

蓄光折り紙、蓄光和紙についてはこちらのページご覧ください。

凸ドット印刷

1回の印刷で驚異的な高さを実現。耐久性に優れ、点字印刷滑り止め用品を販売しています。
凸ドット印刷

凸ドット印刷:1

手摺用

 
凸ドット印刷:2

階段用・床用

TOP蓄光折り紙蓄光式滑り止めシール安全誘導表示蓄光印刷蓄光製品点字印刷厚盛印刷スクリーン印刷

会社案内お問合せQ&Aサイトマップ

埼玉県さいたま市西区島根634番
有限会社常磐スクリーンプロセス
TEL 048-623-4065

豊かな日常を支えるスクリーン印刷
copyright© tokiwa screen process all rights reserved