印刷物の長時間の発光を可能にしたトキワの蓄光印刷:常磐スクリーンプロセス

〒331-0035 埼玉県さいたま市西区島根634番
048-623-4065
各種印刷常磐スクリーンプロセス

会社案内お問合せQ&A

特殊印刷Q&A
お問合せ
特殊印刷Q&A

お問い合わせいただくことの多いご質問にお答えしています。

当社によせられる質問を集めました。これら以外にもご質問などございましたらお電話またはメールにてお気軽にお問い合わせください。

 「蓄光(夜光)」と「蛍光」はどんな違いがあるのですか?

 蓄光(夜光)は自発光です。

蓄光(夜光)は太陽や蛍光灯の紫外線を吸収し(目安として蛍光灯60W、距離1m、20分照射)、飽和状態になれば自発光します。
周りが明るくとも発光しており、発光輝度よりまわりが暗くなれば視認可能となります。
自発光は吸収した光エネルギーの量と原石及び精製技術により違いがあります。

蛍光は自発光するのではなく、受けた光を反射する波長により、特定の色に見えるので、そのことから受ける光が無くなれば見えなくなります。

 時計の文字盤や針の蓄光はすぐに発光しなくなりますが、なぜですか?

 蓄光(夜光)材が異なります。

蓄光(夜光)と時計との係わり合いは古く、その他の製品にも使用された経緯があります。
以前は蓄光(夜光)材の原石が亜鉛を主成分としていたため輝度が低く、残光時間が短かったのです。

現在の主流は、放射線を発生しない「アルミナストロンチウム」です。
発光輝度が高く残光時間も長くなっています。

 高い輝度を得るためにはどの様な努力が成されていますか?

 蓄光(夜光)材の原料やインキ化の際に工夫を加えています。

現在、日本に入って来ている蓄光(夜光)材の原料は、ほとんど中国産です。
原石の種類によって発光色や輝度の違いがあり、精製技術や粒径によって輝度が変わります。かつ、価格が非常に高い事と共に、蓄光(夜光)材はメーカーやグレードによって差が当然あり、製品化する場合は、1つ目は体積中にどれだけの蓄光(夜光)材が入っているか、2つ目は印刷の重ね刷りよりインキの塗布量を増すことです。

このニーズの高まりの中で、屋内用の輝度のランク付けが2008年 JIS改訂時に行われましたが、当社ではJCをクリアしています。

最低りん光輝度

但し、利用上の規制はありません。

 発光している時間は?

 色などによって異なります。

残光時間とも言いますが、高い輝度を持っている製品ほど発光している時間は長くなります。
さらに、青色は黄緑に比較して初期輝度は低いのですが、残光時間が長いと言う特徴を持っています。
事故発生時などの「避難誘導等」には黄緑系が向き、その他は青系が良いかと考えます。

これまで説明した如く、製品によって輝度及び残光時間を一概には言えません。
人間の視認出来るのは、2mcd以上と言われていますが、人間の瞳孔は明るい所では狭まり、暗い所では開く動きをしているので、輝度計値とはかなり違うことを理解して頂けるでしょう。

 普段、目にする製品の発光色は黄緑ですが他の色は無いのでしょうか?

 黄緑・青緑が主流です。

知られている物としては、原石の発光色に黄緑・青緑・青・赤・紫がありますが、赤と紫は発光輝度が低く使用に耐えないため、現在は市場に出ていません。

現状、上市されている黄緑及び青緑発光色蓄光材は、アルミナストロンチウムです。

 蓄光材はLED受光では発光しないと聞きましたが?

 充分な輝度が得られています。

LEDは本来、紫外線を出しません。最近では紫外線を出すLEDの開発が進んでいます。
自社において確認した所、通常のLEDや白熱電球で発光輝度は下がりますが、充分な輝度が得られています。

 蓄光材の開発された用途はどんな物がありますか?

 災害時の避難誘導用・事故防止用、「心の癒し」分野などです。

高品位の蓄光材が出まわり始めたのが近年なので、これから用途開発が急速に進みます。
現在散見できる物は、電源無しで自発光しますので災害時の避難誘導用・事故防止用それに「心の癒し」分野に括れると思われます。

アメリカでの911テロや平成23年の3.11東北大震災でいかに人命を守るかと検討される中、電源無しで発光する蓄光材の役割が高く評価されています。
今後この分野での商品開発が急速に進むと共に、避難、危険標識が平成26年にJISになりました。

 よく見る「蓄光」や「夜光」製品はあまり光りません。そんなものですか?

 加工方法や蓄光材の含有量などで変わります。

現在、市場に出ている製品の加工方法には印刷・プラスチック成型・プラスチック練りこみの3種位です。
蓄光材は他の顔料と比較すると、粒子が硬く、粒径が大きく、価格が高いのが特徴です。

プラスチック成型では成型機の心臓にあたるシリンダーの表面を削り、金属汁を発生するため、蓄光材を少量しか入れられません。

印刷では、高輝度を得るためにはインキに多く蓄光材を入れることが必要ですが、粒径が大きいため期待する所までは出来ません。
しかし、当社では、厚盛印刷技術により多くの蓄光材を入れることを可能にしています。

 用途開発する上で蓄光材の弱点を教えて下さい?

 常時暗部のところでは力を発揮できない、などです。

蓄光材は、先ず光エネルギーを吸収して自発光することです。そのため常時、暗部のところでは力を発揮できません。

現状では、耐水性や高温(800℃)に弱いため注意が必要です。
メーカーではその弱点の改良に努力していますので、近い将来市場に出てくると思います。

印刷では、下地が白を前提とします。下地が白でない場合は、アンダーとして白印刷を必要とします。

 他社商品の滑り止めテープと比較して「滑り止めシール」の特徴は?

 躓きにくいことなどです。

当社商品はPETフィルム上に滑り止め効果がある凸ドットを形成し、階段や床などに使用出来ますが、使用場所によってハサミ等で簡単にカットできます。

また、歩行する際、滑り止めの高さがありすぎると躓いて転ぶことになり、逆に非常に危険です。
当社はドットの高さを1mm以下にして躓きにくくしています。
体重を掛けた時にグリップ感があって滑り止め効果を発揮し、すり足で通り過ぎる際その足を止めることがないのは「滑り止めシール」の大きな特徴の1つでもあります。

さらに、蓄光(夜光)タイプがありますので、夜間の階段の踏み外し防止などの効果があります。

 点字の作成法をスクリーン印刷にするメリットは?

 あらゆる材質に印字でき、従来のエンボス加工による点字の潰れを解消します。

スクリーン印刷で凸部は紫外線硬化樹脂を使用し、紙やプラスチック、金属、ガラス等多くの材料やその形状に対応出来ます。

さらに初期費用が少なくてすみ、少量から大量生産が可能です。
それらの事から将来はスクリーン印刷法が主流になると思われます。

 蓄光材は水に弱く普及しないのでは?

 近い将来には解決し、あらゆる分野での利活用が期待できます。

黄緑発光の蓄光材が水に弱いため、鉄道関連で使用された蓄光製品が水に触れて光らなくなった事例は複数あります。

蓄光材は水に弱い性質があります。蓄光材メーカーは蓄光材に関する特許が切れたので、耐水性UPの研究を進めていますが、発光輝度の低下やコストUPの壁をクリアしていません。当社は青緑発光蓄光材を使用し、スクリーン印刷により充分な耐水性のある製品作成に成功しています。

 蓄光型避難誘導標識を屋外では見かけませんが?

 耐候性のある製品開発競争が始まっているので、今後普及していくと思われます。

避難誘導や 危険箇所等を示す標識に使用される世界共通のピクトグラフが近年中に発効する見通しとなっています。

発効後は、

  • 自然災害多発国である日本で、2020年開催の「東京オリ・パラ」に対応する。
  • 東日本大震災の被災地での定住に向けての工事が進み、町づくりへと状況が変わっている。
  • 確定されている南海トラフへの対応。

今後、屋外用標識の設置が進む中で蓄光式標識を目にする機会が多くなることを期待します。

技術上ではこれからの開発が必要な段階ですが、平成26年9月に「津波避難誘導標識システム」がJISになりました。蓄光部に関しては次のようになっています。

JIS Z 9097

印刷ではⅡ類はクリアできませんが、当社ではⅠ類をクリアしています。

 屋外で蓄光式避難誘導標識を見かけたのですが、どの様に作られていますか?

 蓄光材を練り込んだシートを使用しており、耐久性に疑問があります。

その多くは、プラスチックに黄緑発光の蓄光材を練り込んだ裏のり付のシートにピクトグラフをスクリーン印刷かインキジェットで印字しています。
それを裏のりを利用し、金属板等に貼布する施工です。しかし、練り込みシートは収縮があるため、めくれて脱落し、また、インキジェットの印字は褪色する危険があります。

当社製品は、プラスチックや金属に直接、蓄光インキをスクリーン印刷しており、ウェザオメーターにて屋外曝露7年をクリアしています。

TOP蓄光折り紙蓄光式滑り止めシール安全誘導表示蓄光印刷蓄光製品点字印刷厚盛印刷スクリーン印刷

会社案内お問合せQ&Aサイトマップ

埼玉県さいたま市西区島根634番
有限会社常磐スクリーンプロセス
TEL 048-623-4065

豊かな日常を支えるスクリーン印刷
copyright© tokiwa screen process all rights reserved